歯の治療にはノーメイクでも行ける時がいい?!

歯を治しに行く時も、化粧をしている人というのは意外に多いものです。
でも、歯医者さんではノーメークが一番ふさわしいスタイルなんだといいます。
なんといっても、歯医者さんではうがいが欠かせないというのもあるでしょう。
それにうがいぐらいで口紅は落ちずとも、治療中は口を開け続けていなければいけません。
自然と閉じてこないために、歯科医師さんに少し強く固定されてしまうことだってあるものです。
まあ歯に塗布する薬と混ざることを避けるためにも、化粧せずに歯医者さんへ向かうほうがいいでしょう。
器具を使うことなく、手袋のまま歯を触って確かめたり、塗布することもよくあることだからです。

こんなこともあるので、仕事帰りとか休みにしておきたい歯の治療ということがいえると思います。
もちろん、仕事前でもファンデくらいなら邪魔にならない治療もあるにはあるでしょうけれど。
その時々の治療内容に応じた予約日時の考え方をすることもひとつの患者のマナーやモラルなのかもしれません。
ちっちゃなことですが、歯医者さんの予約はガラガラになっていることも少ないものです。
手袋を替える数分さえも、歯科医師さんが治療のためだけに使える数分にしておけるようにしておくほうがいいでしょう。